エネルギーと水廻りのプロと考える家造り

こんな外観にしたい・こんな間取りがいい・こんなガーデニングにしよう!!sinsanimage
 家づくりには夢がいっぱいあります。
しかし、キッチンをこうすればよかった・けっこう維持費がかかるなあ・・・ と不満が出てくるのはエネルギーと水廻り。
 だから、もう一歩進んだ家づくり。エネルギーのプロが考えるベストミックス。水廻りのプロが考える使いやすさとメンテナンスのしやすさ。
家づくりのプロ、エネルギーのプロ。水廻りのプロが揃っているからできる「家づくり」を新産フレンドホームが提案します。

「はやく家に帰りたい!!」P5160073
 家路と向かうと笑みがこぼれてくる。
家族の数だけ、幸せのかたちがあり、それぞれの団らんを過ごすふさわしい器があります。
 ダイニングキッチンで過ごす家族団らん。1日の疲れを癒すみんなで入るお風呂。なぜかホッとしてしまうトイレ。
そんな多種多様なご家族のあり方にきめ細やかに対応し、ぬくもりとやさしさにあふれた「わが家」という夢をかなえます。
「こんな家で、こんな暮らしがしたい」
 街並みにとけこみながらもさりげなく個性を主張する、重厚で気品ある外観。
 誇らしく、堂々としていて、ここから始まるいくつもの素敵なドラマを予感させてくれます。
しかも、確かな構造躯体にうらづけられた耐震性や耐久性が、外見だけでない真に価値ある住まいを提案します。

通気断熱WB工法とは?

温熱環境について

「家の作りようは、夏を旨とすべし。冬は、いかなるところにも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり」これは、徒然草の一節です。夏過しやすい家とは、風通しが良い家のことを言います。WB工法は、この「風通し」を「通気」というかたちで住まいに取り入れました。
また、「冬は、いかなるところにも住まる」とありますが、現代人はそういうわけに行きません。冬の極端な寒さは、血管疾患を招き命に関わる事もあります。冬の暖かさを保つためには、「断熱」が不可欠です。WB工法では充分な断熱性を確保しております。
本来、通気と断熱は相反する状態となり両立する事は大変難しいとされてきました。しかし、WB工法はこの通気と断熱を両立し、夏冬快適な環境を造りだします。

できるだけ電力を使用しないために、WB工法の仕組み

WB工法は、夏は自然におこる上昇気流を利用して建物内の無駄な熱を排出し、冬は暖房した空気を逃がさないよう開口部を閉じることで、冷暖房に使う電力を出来るだけ減らせるよう工夫しております。また、夏と冬の切り替えを行う際に必要となる換気口の開閉も電力を使用しないよう、熱感知式形状記憶合金を採用しております。自然の温度を感知して自動的に開閉できる仕組みは、これからの節電対策として重要な仕組みです。

*熱感知式形状記憶合金とは・・・チタンとニッケルを合わせた合金で、耐久性に優れており、錆びることがないためどの地域でも安心してご利用いただけます。

空気環境について

人間は、気管支呼吸と皮膚呼吸をして生きています。気管支呼吸は空気を体内に取り込み、皮膚呼吸は汗を出すことで老廃物を出し、体温を調節しています。
その人間が家に住むわけですから、家も人と同じように呼吸をしなければ健康に住むことはできません。気管支呼吸のように壁の中に空気を通して、皮膚呼吸のように壁から湿気を排出する。この二つの呼吸で室内の有害物質を排出しクリーンな室内環境を造りだします。